Archive

位打ち

利益が出るほど
経営者は自分の力を過信し、
気位が上がりやすい。

位打ち(くらいうち)という。

もとの意味は、
「位を昇らせてゆけば
人間がだめになってゆく」ことを
知っていた朝廷が、
武家の棟梁に使った手法を指す。

むかし、鎌倉幕府を開いた源頼朝が
京の公卿衆からこの位打ちの目にあい、
懸命にそれを回避し、断り続けた。

信長の死後、
豊富秀吉も徳川家康を臣従させようと
位打ちにした。

経営者は、
自分から自分に発せられる位打ちを
回避し続けなければならない。

意図しないと出来ない。

コミュニケーションエラー

経営者は、
自分の事業を
考えに考えぬいて
考えすぎているので、
当然、顧客にも
魅力が伝わっているものと
錯覚する。

プロとアマチュア

プロは、
顧客が知りたいことを話す。

アマチュアは、
自分が知っていることを話す。

ブランド

人気を出すために
ブランド化を目指す人が多い。

逆だと思う。

ブランドの本質は、
「この商品は、あなたと関係ありません」と
明確化することにある。

価格も、たたずまいも、
関係したくない人から
逆算して設定する。
先に、売らない人をイメージする。

5割に無視され、
4割に遠ざけられ、
1割に圧倒的に支持される。

その1割の顧客が
ブランドを富ませてくれる。

ZECCA 門弟案内

どこにいても、
最後に頼れるのは
自分の腕じゃないですか。

「腕を磨きたい。」

そんな本気の、若いのを引き受けます。

[門弟概要]
●対象 : 北陸3県(石川・富山・福井)
●年齢 : 20代迄
●勤務地 : リモート or 小松本社・富山支社
●職種 : グラフィック、ウェブ、ムービー
※実務経験者優遇
●勤務時間 : 月〜金 8:00〜17:00
※あとは好きに腕を磨いてください。
●給与 : 実績、面接の上決定
●応募期間 : 20年7月末迄
●連絡先 : mori@zecca.jp

新型の時代、
新型ナントカに勝てるのは
新型のあなただけ。

Archive