Archive

位打ち

利益が出るほど
経営者は自分の力を過信し、
気位が上がりやすい。

位打ち(くらいうち)という。

もとの意味は、
「位を昇らせてゆけば
人間がだめになってゆく」ことを
知っていた朝廷が、
武家の棟梁に使った手法を指す。

むかし、鎌倉幕府を開いた源頼朝が
京の公卿衆からこの位打ちの目にあい、
懸命にそれを回避し、断り続けた。

信長の死後、
豊富秀吉も徳川家康を臣従させようと
位打ちにした。

経営者は、
自分から自分に発せられる位打ちを
回避し続けなければならない。

意図しないと出来ない。

Archive